変なせきがでるときは…気管支炎の種類と病院へ行く目安

変なせきがでるときは…気管支炎の種類と病院へ行く目安

 

一般的な風邪であれば、せきは数日で治まりますが、1週間以上しつこくせきが続くときは、気管支炎の可能性があります。気管支炎は炎症の場所や原因で3種類に分かれています。

 

 

急性気管支炎

 

 急性気管支炎とは、ウイルス感染を原因として、風邪をこじらせて気管支まで炎症が広がった状態のことです。炎症が肺まで広がると肺炎になる可能性があります。
 おもな症状としては、せきがたんのからんだ湿ったせきになってきます。小さい子どもは上手にたんを吐きだすことが出来ないので、たんが気管にたまって、のどがゼロゼロとなるのが特徴です。

 

 また、せきをすることで体力が失われて、不機嫌になったり食欲がなくなることもあります。急性気管支炎が疑われるときは、早めに受診しましょう。

 

 

細気管支炎

 

 肺の中で枝別れしている気管支の先端部分を細気管支といって、細気管支が炎症を起こすことを細気管支炎といいます。原因はウイルス感染で、秋から冬にかけて感染することが多くなります。
 おもな症状としては、呼吸をするときにゼーゼー・ヒューヒューというようになり、息を吐き出すときに苦しいと感じます。呼吸のときに小鼻がピクピクしたり、肋骨の下が大きくへこんでいるときは、呼吸困難を起こしていますので、救急車で病院へ連れて行きましょう。

 

 2歳以下だと気管支の粘膜がまだ弱く、さらに6か月未満の赤ちゃんだと管がまだ細いため、重症化しやすいといわれています。です。疑われるときは早めに受診しましょう。

 

 

ぜんそく様気管支炎

 

 ぜんそく様気管支炎とは、気管支内の分泌物や、のどまで落ちてきた鼻汁が空気の通り道をふさいでしまうことです。風邪をひいたときに症状が出やすく、呼吸をするとゼーゼー・ヒューヒューというようになります。

 

 気管支ぜんそくとは異なる病気で、成長すると治まることが多いのですが、症状の区別がつかないことがほとんどです。また、ぜんそく様気管支炎から、気管支ぜんそくに移行してしまうケースもあります。

 

 

病院へいく目安

 

 軽いせきの症状があっても、機嫌がよく、せき以外の症状がなければ自宅で様子をみてください。
 せきがひどくなってきて、発熱や鼻汁などの症状がある場合は病院へ連れて行きましょう。せきが1週間以上続いたり、せきで眠れない・食欲がないといった場合も早めに受診するように。

 

せきの見分け方

 

 一般的な風邪のときは、「コンコン」といった乾いたせきが出ます。時間帯は日中に出ることが多く、就寝時には少なくなります。

 

 気管支炎の場合は、「ゴホゴホ」といった湿ったせきが出ます。時間帯も夜に出ることが多くなります。また、1週間以上続くなどの特徴がありますので、せきの様子をよく観察してください。