気管支ぜんそくの症状とぜんそくの予防法

気管支ぜんそくの症状とぜんそくの予防法

 

気管支ぜんそくとは、アレルギー疾患で、気管支の内側の粘膜が炎症を起こしたり、気管支が収縮して発作を起こします。5歳頃までに最初の発作をおこすことが多く、ほとんどの場合、成長とともに症状が軽くなって大人になると自然に治っていきます。

 

 

 

気管支ぜんそくの症状

 

小発作

 発作をおこしても、呼吸をするときにゼーゼー・ヒューヒューというぜい鳴があるものの、日常生活に問題がない程度のときもあります。ゼーゼーしていても、ふだんと変わらない様子であれば、自宅で様子をみましょう。

 

中発作

 ぜい鳴がひどくなって呼吸が苦しく、食事が出来なかったり眠れないようであれば、病院へ連れていきましょう。体力を消耗するので、元気もなくなってきます。

 

大発作

 ぜい鳴がひどくなり、横になっていると息苦しく寝られなかったり、肩で息をしているときは、呼吸困難になっています。夜間でもすぐに病院へ連れて行くようにしましょう。

 

 

発作の原因

 かぜが引き金となって発作が起こることが多いのですが、その他にもさまざまな原因があります。

 

・卵・大豆・牛乳などの食品や食品添加物
・気温・気圧の変化
・ダニ・ハウスダスト・カビ・花粉・ペットの毛など
・排気ガス・煙草のけむり
・生活環境の変化などのストレス など

 

 

発作を予防するために

 

 

 ぜんそくは、発作をおこすたびに気管支の過敏性が高まり、ちょっとの刺激にも反応するようになって発作がおこりやすくなってしまいます。また、症状も重症化してくことが多いので、出来るだけ発作がでないように気をつけてあげましょう。
 ただし、神経質になりすぎると、子どもが不安がりストレスを感じて症状が悪化してしまうこともありますから、神経過敏にならないよう気をつけてください。

 

自宅で出来る発作予防

 

・ほこりやダニを取り除くために、カーペットではなくフローリングに
 また、こまめに掃除するようにする
・ペットを飼わない
・室内に観葉植物を置かない
・布団や枕を頻繁に干す、シーツやカバーはまめに洗濯を
・部屋の換気を心がけ、室内での喫煙はさける
・規則正しい生活を心がける
・外で遊ばせたり、水泳をさせて皮膚やからだを鍛える

 

 

発作が起きたときは…

 

・衣服をゆるめて、上半身を高くし楽な姿勢をとらせる
・背中をさするか、せいがひどいときは背中を軽くたたく
・たんが出やすくなるよう、水分をとらせる
・ゆっくり息を吐かせて、出きれば腹式呼吸をさせる
・気管支拡張剤を処方されているときは、吸入する
・発作が治まらなければ、すぐに病院へ連れて行く